実学としての英語

勉強

実際に役立つ知識

語学を学ぶには、英会話や英検等の資格の勉強など、色々な学習方法がある。中学生や高校生、大学生等の学生であれば、学ぶ目的が進学や資格になるため、あまり意識することはないが、社会人が仕事の中で使用するビジネス英語となると勉強する目的が大きく変わってくる。知識としての英語はもちろん基礎として必要だが、ビジネス英語ではそれ以上に、コミュニケーション力が必要になる。仕事上で使用する英語は日常会話とは違い、交渉力や説明力必要とされ、いかに相手を説得し、円滑な業務を行うことができるかが重要視される。そのため、座学での講義形式の学習よりも、英会話スクールのような、実践型の学習がビジネス英語を学ぶには適しており、更に言えば、英語圏出身の先生や講師が指導を行っている場が理想的である。どれだけ知識を取り込んでも、アウトプットすることによる実践形式がなければ、ビジネス英語を学習するには、物足りないものになる。グローバル化が多く言われる現代に置いては、会社の中の公用語が英語である企業も多く存在している。交渉や商談をする相手が外国人であるという場面も大手企業に勤めれば普通にある。企業の中での出世や、自身でやっている事業の拡大を望むのであれば、これからの時代に置いて、ビジネス英語を使用するスキルは必要不可欠なものになっている。学びを始めることに年齢や、タイミングは関係なく、遅すぎるということもない。必要と思った時が始めるときである。まずは、英会話スクールの情報を集めるという第一歩を踏み出すことが大切である。

Copyright© 2018 ビジネス英語を身に着ける【英語でも論理的な考えの訓練をしておく】 All Rights Reserved.