ビジネスで使う英語を学ぶ

アルファベット

ビジネス英語を学ぶのならばビジネス英語専門のコースがあるスクールを選ぶべきです。まず自分のレベルにあっているかをチェックすべきで、雰囲気などが合っているかを確認するためにも体験入学に参加するのがおすすめです。

詳しく見る

専門的に学ぶ

English

ビジネス英語と言ってもレベルは色々です。会社の取引先などと商談の場で必要な英語はレベルが高くなります。日常会話レベルの英会話スクールでは厳しいと言えます。ビジネス英語を学ぶのなら、やはりプラーベートレッスンが望ましいと言えます。個人のレベルや到達目標を目指してマンツーマンで勉強ができるからです。

詳しく見る

実学としての英語

勉強

仕事をしている中で必要とされる語学力は、知識として力ではなく、実際に会話などにアウトプットできる能力である。ビジネス英語として、相手との交渉や商談に使用することのできるスキルを身に付けることが重要である。

詳しく見る

英語のスキルとニーズ

男女

ビジネス英語は情報の送受信のために読み書きのスキルが必須とされています。そのため、各種のスクールでもこれらのスキルの指導に注力しており、メールでの基本対応や基本的な翻訳のスキルなど様々なビジネス英語のクラスを提供しています。

詳しく見る

ビジネス用の英語を習得

勉強道具

仕事で使う英語はビジネス英語と呼ばれていて、一般のものとは異なっているので注意しましょう。なお、特殊な業界で働いているのなら、そちらで使われる言葉に合わせたビジネス英語を、スクールで習う必要があります。

詳しく見る

仕事上での外国語について

授業

日常会話と異なります

日常会話で使われる英語とビジネス英語とは、いろいろな点で違いがあるのです。例えばビジネス英語は、サービスを含んでいることから信頼関係構築目的で丁寧な表現が多く使われるのです。したがって、普段の英語力の訓練からして普通の英語表現だけでなく、それを丁寧に変える思考を持っておくと良いでしょう。他にもビジネス英語においては経済やサービスの分野の専門用語が使われる傾向にありますが、日本語の中に英語としてではなくそのまま用いている表現も存在しているため、その部分の習得は容易ではないでしょうか。そしてビジネス英語だと、お金に関することがたくさん出て来るため日常会話のように気軽に聞くべきでなく、一言も聞き逃さないように注意することを推奨します。しかし日常会話を把握出来るほどの英語力を有していれば、その延長線上でコミュニケーションが取れるともされているのです。また、ビジネスの方が日常英語よりも身に付けていくことが簡単だと言う意見も述べている人もいます。なぜなら定型表現が多く、気の向くままに行われて話が飛ぶことが少ないので、先を予測し話していけると言われているからです。ちなみに、ビジネス英語では売り上げなどに直結させていく必要性から論理的に根拠立てて話す人が好まれており、感情やその場の思い付きで話す表現は控えるべきとされることが多いです。よって、英語でも論理的な考えの訓練をしておくことをおすすめします。

Copyright© 2018 ビジネス英語を身に着ける【英語でも論理的な考えの訓練をしておく】 All Rights Reserved.